!災害への備え
今すぐ聴く LISTEN LIVE パソコンでスマホでタブレットで
今すぐ聴く LISTEN LIVE パソコンでスマホでタブレットで

ハラクッチーナ 放送内容

内容

オカメササギのミネストローネスープ(1月24日OA♪)

山形おきたま伝統野菜の一つ「オカメササギ」。滑らかな粒子が後を引く食感が魅力的なお豆を冬の根菜と一緒に煮込んでスープにします♪

 

【材料 10皿分】

オカメササギ  200g

タマネギ    中1個

ニンジン    中1本

ジャガイモ   中2個

レンコン    100g

ゴボウ      50g

ダイコン    150g

トマト      1個

ブロッコリー  1/2株

ベーコン     3枚

ニンニク     1片

塩       大さじ1

オリーブオイル 大さじ2

水       1.5リットル

パルメザンチーズ  適量

 

【作り方】

①材料の下ごしらえ

 ・一晩水に浸けておいたオカメササギを火にかけ沸騰したところでいったん水を入れ替える(この作業を「茹でこぼす」という)。水を入れ替えたらまめが軟らかくなるまで30分くらい煮る

 ・トマトはざく切りに、ブロッコリーは食べやすい大きさにカットし、その他の根菜類は5ミリ角の角切りにする

 ・ベーコンは1センチ幅にカット

 ・ニンニクはみじん切りにする

②鍋にオリーブイルとニンニクを入れ中火にかけ香りが出たら、タマネギ→ベーコン→ニンジン→ジャガイモ→レンコン→ゴボウを一種類ずつ加えるごとに炒める

③塩、トマト、ブロッコリー、水、水気を切っておいたオカメササギを加え、1時間ぐらい煮込む(目安として1.5リットルの水が1リットルに量が減るくらい)

④器に盛り、オリーブオイルとパルメザンチーズを振り掛けて完成♪

 

 オカメササギ入りミネストローネスープ

 

【放送後記】

水に浸ける前のオカメササギは硬くて薄っぺらでなんだかおはじきみたいなのですが、水分を含ませ軟らかくなると、ふっくらとしたビジュアルが愛らしいお豆さんです。

甘く煮付けてお茶請けに出されるご家庭が多い中で、今回はスープの具材として活用。ほかのお野菜から出た美味しさを吸い込んで箸が止まらなくなる美味しさ♪

見た目とは裏腹に食物繊維やミネラルが豊富で、特にミネラルの中のカリウムがむくみを取る働きがある他、アミノ酸も含まれていることから集中力アップの効果にも期待できるという、優秀な食材です!

 

前回のレシピはコチラ