ネギのグラタンスープ(11月21日OA♪)

2017-11-21

今回は「ネギ」。

原産地は中国西部とロシアのアルタイ地方です。

中国で6世紀に栽培の記録があり、日本には8世紀奈良時代には伝わり栽培されていた歴史の古い野菜。

薬味をはじめ1年中欠かすことのできない野菜ですが、もともとは冬の野菜で、寒さが増すと甘みが増しておいしくなります。

白い部分と緑の部分の栄養が異なりますが、共通の栄養素として「硫化アリル」があります。

血行を良くする、疲労回復の効果があるといわれています。

また、緑の部分はカロテン・ビタミンK・ビタミンCが豊富。

カロテンは、目の機能維持、細胞の成長促進・皮膚の再生、骨・歯の成長、免疫力アップ、抗ウイルス、細菌作用などが。ビタミンCは、美肌の味方で免疫力を高める働きが、そして、ビタミンKは、ケガをした時などに出血を止める作用があります。 

オニオングラタンスープのネギver.をご紹介します!

ネギのグラタンスープ

【材料 4人分】

 ネギの青い部分 8本分(1本=約15㎝。白い部分でもOK。)

 ニンニク  1片

 バター  20g

 水  500cc

 かつお節 3g

 塩  小さじ1/2

 みりん 小さじ1

 パン  4切れ

 ピザ用チーズ 適量

 イタリアンパセリ 適量

 

【作り方】

①ねぎは薄切り、ニンニクはみじん切りにします。

②鍋にバターを熱し、ニンニク・ねぎの順に水分がなくなるまで炒めます。

③鍋に水を入れ、沸騰したら、かつお節・塩・みりんを入れ10分くらい煮ます。

④出来上がったスープをカップに盛り付け、パンとチーズをのせ、180度のオーブンで約30分、チーズに焦げ目がつくまで焼きます。

⑤イタリアンパセリをちぎってトッピングして出来上がりです。

 

↓過去のレシピはこちら↓

梓山大根のポタージュ

◆そば粉のガレット

◇秋冬野菜のピクルス

◆ブロッコリーと鶏胸肉のマヨネーズグラタン

◇里芋のパスタ

◆もって菊のポテトサラダ

◇栗の渋皮煮

◆アケビと牛肉と舞茸のみそ炒め

◇大根葉としらすのチャーハン

◆サツマイモとレンコンのきんぴら

◇カボチャのグラタン

◆ピーマンのナムル

◇ゴーヤチャンプル風

◆デラウェアのスムージー

◇ドライマンゴーのヨーグルト

◆スイカのババロア

◇ひょうのからし醤油和え

◆ナスと夏野菜の三五八漬け

◇トマトとバジルのパスタ

◆さくらんぼの軸のお茶

◇豚しゃぶのさくらんぼマリネ

◆ズッキーニのステーキ

◇ミズナと山芋のイタリアン風 和え物

◆ミントとソラマメのフィットチーネ

◇おかじひきのペンネ 夏の菜園風

◆ワラビのネバネバ冷製パスタ

◇キュウリのビン入り和風サラダ

◆新たまねぎのレンジ蒸し

◇こしあぶらご飯

◆絹さやのイタリアンオムレツ

◇セミドライトマト

◆山にんじんの切り和え

◇茎立ちのリゾット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.