ふきのとう味噌のリゾット(2月27日OA♪)

2018-02-27

今回は「ふきのとう」。
茎を煮ものにして食べる蕗の花のつぼみです。
原産は日本で、歴史は古く縄文時代から食べられていたそうです。
栽培は平安時代頃からことですから、今から1000年以上前に栽培が始まっていたことになります。

ふきのとうは「蕗」よりもミネラルやビタミンが多く、栄養たっぷり。
水にさらすと茶色くなるのは抗酸化作用のあるアントシアニンをたくさん含んでいるからです。
また、ビタミンEも豊富なため、更年期障害や肌の衰えを予防する働きが期待できます。
苦みの成分は新陳代謝をUPさせてくれる働きがあります。
女性に限らず、老若男女の目覚めの春の味方といえます。

 

 

ふきのとう味噌のリゾット

【材料 2人分】

◆ふきのとう味噌(作りやすい分量)
 ふきのとう 6個
 味噌 30g
 みりん 大さじ2
 オリーブオイル 大さじ1

◆ふきのとう味噌のリゾット
 ふきのとう味噌 大さじ2強
 ご飯 300g
   水  200cc
 パルミジャーノチーズ 20g
 オリーブオイル 大さじ1

 

【作り方】

◆ふきのとう味噌
①味噌とみりんを合わせます。
②鍋にオリーブオイルを入れ準備しておきます。
③鍋を火にかけると同時に、ふきのとうを刻み、炒めます。
④味噌とみりんを加え混ぜあわせながら火を通して出来上がりです。

◆リゾット
①フライパンに、水とふきのとう味噌を入れ、火にかけ沸騰したらご飯を加えます。
②ご飯が温まったら、火を止め、パルミジャーノチーズを加え混ぜ合わせます。
③皿に盛り付け、オリーブオイルを振り掛け出来上がりです。

※ふきのとうの素揚げやパルミジャーノチーズをカリカリに焼いたものをトッピングするとおしゃれです!

 

 

↓過去のレシピはこちら↓

◆置賜の豆のサラダ

◇紅大豆ご飯

◆あさつきとしらすと糸こんにゃくの酢味噌和えパスタ

◇たっぷり雪菜とホタテのパスタ

◆ワラビのリゾット

◇小野川豆もやしと米沢牛のしゃぶしゃぶサラダ

◆カブとトマトのサラダ

◇りんごのドレッシング

◆イチゴのシフォンケーキと冬野菜のチーズフォンデュ

◇ひょう干しドレッシングの大根サラダ

◆冷凍大根と豚バラ肉の煮物

◇白菜のスープパスタ

◆ネギのグラタンスープ

◇梓山大根のポタージュ

◆そば粉のガレット

◇秋冬野菜のピクルス

◆ブロッコリーと鶏胸肉のマヨネーズグラタン

◇里芋のパスタ

◆もって菊のポテトサラダ

◇栗の渋皮煮

◆アケビと牛肉と舞茸のみそ炒め

◇大根葉としらすのチャーハン

◆サツマイモとレンコンのきんぴら

◇カボチャのグラタン

◆ピーマンのナムル

◇ゴーヤチャンプル風

◆デラウェアのスムージー

◇ドライマンゴーのヨーグルト

◆スイカのババロア

◇ひょうのからし醤油和え

◆ナスと夏野菜の三五八漬け

◇トマトとバジルのパスタ

◆さくらんぼの軸のお茶

◇豚しゃぶのさくらんぼマリネ

◆ズッキーニのステーキ

◇ミズナと山芋のイタリアン風 和え物

◆ミントとソラマメのフィットチーネ

◇おかじひきのペンネ 夏の菜園風

◆ワラビのネバネバ冷製パスタ

◇キュウリのビン入り和風サラダ

◆新たまねぎのレンジ蒸し

◇こしあぶらご飯

◆絹さやのイタリアンオムレツ

◇セミドライトマト

◆山にんじんの切り和え

◇茎立ちのリゾット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.