ミズナのねばねば冷製パスタ(6月5日OA♪)

2018-06-05

今回は「ミズナ(山菜)」。
赤ミズナ、青ミズナと言われますが、赤ミズナ=ウワバミソウ、青ミズナ=ヤマトキホコリという全く別の植物です。
また、京都で水菜(みずな)といえば葉が細かく切れ込んだ冬野菜をいい、東北地方ではミズナ(ミズ)は、ウワバミソウの事を差します。
区別して、野菜の方を京水菜(きょうみずな)という事も。

積雪が多い渓流沿いのウワバミソウは、質が良く美味いという事で食されています。
北海道、本州、九州、四国の渓流沿い、山地の湿った斜面などに群生していて、中国の揚子江以南にも分布しています。

◆栄養
山菜のなかでもひときわ栄養価が高い。
ビタミンB1、B2、C2やミネラルが豊富で美肌効果をもたらします。また、細胞を活性化して老化防止に働き、抗酸化作用にも優れています。
包丁でたたくと粘りが出てきますが、このぬめり成分ムチンは胃腸を守り、肝機能を強化してくれます。

その他、軽い切り傷や虫さされには、生の茎や根茎を採取してたたき潰し、汁を患部に塗布するといいそうです。

 

 

ミズナのねばねば冷製パスタ

【材料 2人分】

ミズナ 赤い根元の部分15㎝程を20本分
えのきだけ 1/2束
オクラ 5本
トマト 1/2個
シソの葉 3枚
みょうが 1個
スパゲティー 150g
塩・コショウ 少々
オリーブオイル 大さじ2
麺つゆ 小さじ1

 

【作り方】

①ミズナはさっとゆでて水にさらし、小口切りにしてから包丁でたたきます。
②なすは横に3等分してから縦に4等分し、えのきは半分に、オクラは小口切り、トマトは1cm角のさいの目にそれぞれカットします。シソの葉とみょうがは千切りにします。
③なす、えのき、オクラを同じ鍋でゆでて湯を切り、温かいうちに塩コショウ、オリーブオイル、めんつゆで味をからめ冷まします。
④冷めたら、たたいたミズナ、トマト、シソ、みょうがを加えて混ぜ合わせ、ゆでて水にさらしたスパゲティーと和えて出来上がりです。

 

↓過去のレシピはこちら↓

#174 5/29OA♪「冷製アスパラガス」

#173 5/22OA♪「レタスのスープ」

#172 5/15OA♪「ウコギのリゾット」

#171 5/8OA♪「春キャベツたっぷりチャーハン」

#170 4/24OA♪「タケノコご飯」

#169 4/17OA♪「こごみと山の仲間のパスタ」

#168 4/10OA♪「アスパラソースのグラタン」

#167 4/3OA♪「タラの芽のオーブン焼き」

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.