スイカジュース(7月24日OA♪)

2018-07-24

今回は「西瓜(スイカ)」。
原産はアフリカで、日本には中国を経由して伝わりました。西の方から伝わってきたから西瓜と書きます。
読み方も中国のサイクヮという発音がなまってスイカとなったようです。
山形県のスイカの生産量は熊本、千葉に次いで全国3位。
全国各地で地元のものが食べられていて、県内では尾花沢スイカ、置賜では長井の伊佐沢スイカが有名です。

◆栄養
カリウムは、利尿作用と疲労回復効果があり、夏の暑さで衰えた体にぴったり。
βカロテンとリコピンは、赤肉スイカの色素に大量に含まれています。βカロティンは抗発ガン作用等で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や粘膜・皮膚の健康維持、呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。また、リコピンは、活性酸素を減らす働きがあり、老化予防に効果的とされています。
特徴的なのは、シトルリン。
200g以下の未熟果の方に2~3倍多く含まれ、血圧抑制効果があることが分かっています。

◆選び方・保存方法
収穫されるとその時点で成長が止まり追熟はしないので、買う時点でしっかりと熟した甘いものを選ぶ必要があります。
近年は出荷元やスーパーなどでも糖度を測って表示している所が多いので参考にすると良いでしょう。12度以上なら甘く、13度以上なら間違いなく美味しいと言えます。 
熟すとツルの付け根の部分が少しくぼみ、その周りが盛り上がったような形になります。その部分がへこんでおらず、まるい球状の表面に軸が出ているような物はまだ未熟なものなので避けてください。ツルが付いている場合は、ツルが緑色の物にしましょう。枯れている物は鮮度が落ちています。

 

 

スイカのジュース

【材料 1人分】

スイカ 果肉部分250g
ハチミツ 小さじ1
レモン汁 小さじ2

ミントの葉

 

【作り方】

①ミキサーに、スイカ・ハチミツ・レモン汁を入れて撹拌する。(15秒位)
種も一緒に入れます。種にも栄養がたっぷり。細かくなるまで様子を見ながらミキサーにかけてください。
②氷を入れたグラスに注ぎ、ミントをのせて出来上がり!

 

↓過去のレシピはこちら↓

#180 7/17OA♪「おきたま風ガスパッチョ」

#179 7/10OA♪「米ナスのグラタン」

#178 7/3OA♪「パプリカのサンドイッチ」

#177 6/19OA♪「フレッシュハーブティー」

#176 6/12OA♪「ズッキーニのステーキ」

#175 6/5OA♪「ミズナのねばねば冷製パスタ」

#174 5/29OA♪「冷製アスパラガス」

#173 5/22OA♪「レタスのスープ」

#172 5/15OA♪「ウコギのリゾット」

#171 5/8OA♪「春キャベツたっぷりチャーハン」

#170 4/24OA♪「タケノコご飯」

#169 4/17OA♪「こごみと山の仲間のパスタ」

#168 4/10OA♪「アスパラソースのグラタン」

#167 4/3OA♪「タラの芽のオーブン焼き」

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.