バジルとトマトのサラダ(6月21日OA♪)

2016-06-21

皆さんはハーブを育てたり、選んで食べたりしていますか?生命力のあるハーブは育てるのが簡単な上、効能もあります。

今回は夏野菜とのベストコンビネーションレシピをご紹介します!Let’s enjoy!

 

【材料】

«バジルのオイル漬け(作りやすい分量)»

バジルの葉   100g

オリーブオイル 200cc+適量

ガラス瓶    1本(ジャムの空き瓶などのような蓋つきのもの)

«サラダの材料 2人分»

トマト     2個

塩       小さじ1

モッツァレラチーズ(フレッシュタイプ) 50g

バジルのオイル漬け 大さじ2

コショウ    少々

 

【作り方】

◎バジルのオイル漬けを作ります

 ①バジルの葉は洗って布巾などで丁寧に水気を切る

 ②水気を切ったバジルを包丁で細かく刻む

 ③刻んだバジル→オリーブオイル→バジル→オイルと交互に少しずつガラス瓶に詰めていく

 ④最後にバジルが空気に触れないようオリーブオイルで蓋を作り、瓶の蓋をきっちりと締めて完成♪

◎サラダを作ります

 ①トマトはヘタを取り、食べやすい大きさの角切り(約2cm角)にし、塩をまぶしてしばらく冷蔵庫で寝かせておく

 ②冷蔵庫で休ませたトマトの水気を軽く切り、1cm角にカットしたモッツァレラチーズとバジルのオイル漬けとコショウをザックリと混ぜ合わせて出来上がり♪

 

トマトとバジルのサラダ

 

【放送後記】

バジルの香りをかぐと急激に食欲がわいてきます!

ハーブはその人の足りないところを補い、突出しているところを抑えてくれる効能があるといわれていますが、バジルの香りをかいで食欲がわく私はいつだってハラヘッターナ♪ですね(^_^;)

特にバジルは整腸作用があるというではありませんか!そしてその香りにはリラックス効果と抗鬱作業があるそうです。

さて今日のレシピ、バジルと最高に相性のいいトマトとそしてフレッシュタイプのモッツァレラチーズとの組み合わせは間違いナシ!ですね。シンプルでありながら美味しさがしっかりと心もおなかも満たしてくれます。

バジルは空気に触れると切り口からどんどん黒くなっていきますので、オイル漬けを作るときや使ったあとはオイルに浸すようにするのがポイントですよ♪

 

前回のレシピはコチラ

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.