ハーブティー(7月5日OA♪)

2016-07-09

川西町置賜公園に期間限定でオープンするハーブガーデンフェア。現在100種類ものハーブが生き生きと生い茂っています。

今年は7月10日(日)までの開催で週末ごとに様々なワークショップが行われています。中でも我らが野菜ソムリエの樋渡由美さんがハーブコーディネーターというもう一つの顔で7月3日(日)一日限定のハーブティー教室が開かれ、収録にお邪魔してきました♪

たくさんの雨が降った朝でしたが、予定通り10名の参加者がハーブティーとハーブを使ったお料理を口にしながら、ハーブについて知識を深めた豊かな時間を過ごされました。

今回は皆さんにも美味しいフレッシュハーブティーの入れ方をご紹介します♪

 

【材料】

ガラスの耐熱性ポット 700ml用

 →緑茶をいただく急須でも代用可能。目で見る癒しの効果を感じたい方はガラスポットをお勧めします。

沸騰させたお湯  ポットに適応した量

«フレッシュハーブ»(今回使用したハーブ)

ペパーミント

アップルミント

レモンバーム

カモミール

ローズマリー

 

【作り方】

◎フレッシュハーブを摘みます

 ①ミント系のハーブは芽先や芽先の葉っぱのやわらかいところの葉を使います

 ②カモミールは花粉のついた花の部分を使います

 ③ローズマリーは香りが強いので、枝先を2~3cm程度

 ④全てのハーブを水とボウルを使って軽くもみ洗いして、汚れを落とすと同時に香りを引き出す。

◎お湯を注ぎます

 ①ポットの7割くらいの高さまでふんわりとハーブを入れる

 ②グラグラと沸騰させたお湯をやかんのまま1分程度休ませたお湯をポットの容量分のお湯を一気に注ぐ

◎蒸らして完成♪

 ①緑茶くらいにお湯に緑色が出るまで2~3分蒸らしてハーブティーの完成♪

 

ハーブガーデン

ハーブガーデン2

ハーブガーデン3

ハーブガーデン4

 

【放送後記】

ハーブの種類のそれぞれの量は香りを効いて好みの香りのハーブを多くするなど、バランスはお好みですが、ローズマリーだけは香りが出やすいので、香りの調和を取るのが楽しみの一つ。

ハーブを使ったお料理として今回は「ズッキーニとアスパラガスのキッシュ」「キノコのマリネ」でした。いずれもメインの食材の味わいを生かし、隠し風味のようなところでハーブがつかわれているようでした。

雨降りでしたが、とても充実した時間となりました♪

 

前回のレシピはコチラ

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.