ニンジン入り大学イモイタリアン(10月25日OA♪)

2016-10-25

オレンジ色が食卓をはなやかに彩るニンジンがテーマ。

そのニンジンを大学イモにしちゃう?しかもイタリアン???

 

【材料 作りやすい分量】

ニンジン   100g

サツマイモ  200g

タマネギ    50g

レーズン    10g

酢       10g

ハチミツ    25g

塩        適量

オリーブオイル  適量

揚げ油      適量

 

【作り方】

①レーズンを分量の酢につけてふやかしておく

②ニンジン、サツマイモは一口大の乱切りに、タマネギは薄切りにする

③ニンジン、サツマイモを140~150度の低めの温度で軟らかくなるまで揚げ、油を切っておく

④油の温度を180度に上げ、タマネギを入れて上がってきたらニンジン、サツマイモをもう一度油に入れ、さっと揚げて油を切る

⑤ハチミツ、酢に漬けたレーズンを酢ごと鍋に入れ火にかけ、揚げた野菜を蜜にからめて火を止める

⑥仕上げに塩、オリーブオイルで味を調えて完成♪

%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3

 

 

【放送後記】

まず味を語る前にポイントがいくつかあります。

野菜を素揚げしましたが硬い根菜は低めの油でじっくりと、そして再び高めの温度の油に通すことでさらっと油切れがよくなる!ということ。

それから、野菜の甘みを生かすので大学イモといってもペタペタとした密感が少ないこと。

そして仕上げに塩とオリーブオイルを軽めにふっていること。最後のオリーブオイルでイタリアンと名がついているのですね。

味わいはというと、野菜の甘みとハチミツの甘みをお酢が一つにまとめている感じ。ヘルシーにおいしくいただきました!

ニンジンは色味が鮮やかなので食卓が一気に華やぎます。

栄養素は抗がん作用、免疫力を高める働きがあるカロテンが豊富で、なおかつ加熱したり油と一緒に食べると吸収率がよくなるということで、今回のレシピはアンチエイジング効果期待大!ともいえます。

お芋も美味しいこの季節。ぜひ旬の野菜とのコラボレーションを楽しんでみて♪

 

前回のレシピはコチラ

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.