大根葉としらすのチャーハン (9月19日OA♪)

2017-09-19

今回は「大根葉」。

大根は、歴史はとても古く、古すぎて原産がどこだかわからないという野菜なのだそうです。

日本では稲作以前に作られていたとも言われていますが、記録が残っているのは奈良時代の書物「古事記」など。

栽培が本格的になったのは江戸時代。

重いために長距離を運ぶのが難しく、その土地土地で栽培されそれぞれの土地の大根が根付いたということです。

現代では、煮ても生で食べてもおいしい青首大根が全国で作られています。

その大根の葉には、高血圧を予防する効果のあるカリウムが根の部分の3倍、ビタミンCが2倍以上、鉄分の吸収を助け貧血予防の効果のある葉酸が根の部分の3倍含まれています。

もちろん根の部分に多く含まれる、繊維質、カロテンも同じくらい含まれています。

 


大根葉としらすのチャーハン

【材料 2人分】

 ご飯  茶碗2杯      

 大根葉  1束 (150g)

 しらす  30g

 玉ねぎ  1/4個    

 サラダオイル 適量

 醤油    大さじ1    

 コショウ  少々

 卵  2個         

 ゴマ 大さじ1        

 ゴマ油 小さじ2

 

【作り方】

①大根葉を2㎝位にカットし、玉ねぎはみじん切りにします。卵は割りほぐしておきます。

②フライパンにサラダオイル少々を引き、しらすをカリカリになるまでを炒め、皿にあけます。

③フライパンにサラダオイルを足して、玉ねぎを炒め、大根葉を加えて水分がなくなるまで炒めて、ご飯・しらすの順に加えて炒め、醤油・コショウで味を付けます。

④卵を加えさらに炒め、ゴマを加え、最後にゴマ油を振り掛け軽く混ぜて出来上がりです。

 

↓過去のレシピはこちら↓

◆サツマイモとレンコンのきんぴら

◇カボチャのグラタン

◆ピーマンのナムル

◇ゴーヤチャンプル風

◆デラウェアのスムージー

◇ドライマンゴーのヨーグルト

◆スイカのババロア

◇ひょうのからし醤油和え

◆ナスと夏野菜の三五八漬け

◇トマトとバジルのパスタ

◆さくらんぼの軸のお茶

◇豚しゃぶのさくらんぼマリネ

◆ズッキーニのステーキ

◇ミズナと山芋のイタリアン風 和え物

◆ミントとソラマメのフィットチーネ

◇おかじひきのペンネ 夏の菜園風

◆ワラビのネバネバ冷製パスタ

◇キュウリのビン入り和風サラダ

◆新たまねぎのレンジ蒸し

◇こしあぶらご飯

◆絹さやのイタリアンオムレツ

◇セミドライトマト

◆山にんじんの切り和え

◇茎立ちのリゾット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.