枝豆とナスの簡単リゾット(9月4日OA♪)

2018-09-04

今回は「枝豆」。
原産は中国で歴史はとても古いですが、アメリカやヨーロッパに伝わったのは1800年代と近年です。
アメリカの大豆の生産量は現在世界一を誇るものの、アメリカやヨーロッパでは大豆を豆として食用にすることはあまりなく、食用油の原料や牛など家畜のエサとして使われています。

大豆や枝豆を豆として食用にしているのはアジアだけで、日本でも古くから大豆が栽培されました。
その後、奈良時代には「生豆(なままめ)」と呼ばれて枝豆が食べられるようになります。
江戸時代になると、江戸の町で枝ごと茹でた枝豆が売られ、それを歩きながら食べるのが流行したとのこと。
「枝豆」という名前はここから生まれたと言われています。

 

◆栄養
タンパク質、イソフラボン、鉄分、メチオニン、オルニチン等が含まれています。
メチオニンはアルコールの分解を助けてくれる働きが、オルニチンは疲労回復の効果がそれぞれあります。
また、大豆と異なり野菜のようにビタミン類が豊富です。

 

 

枝豆とナスの簡単リゾット 

【材料 2人分】

枝豆 60g(茹でてサヤから出したもの)
ナス 1本
ご飯 200g(炊いたもの)
オリーブオイル 大さじ1
パルミジャーノチーズ 20g(おろしたもの)
塩・コショウ  適量
水 200cc

 

【作り方】

①ナスは2㎝位の長さの拍子切りにして、塩をまぶし5分位おいてからキッチンペーパーで水気をふき取り、アクを抜く。
②フライパンにオリーブオイルを引き、ナスを炒め、水を加えて煮立てる。
③ご飯と枝豆を加えて軽く煮て、パルミジャーノチーズを加える。味見をして塩・コショウで味を整える。

 

↓過去のレシピはこちら↓

#185 8/21OA♪「メロンスムージー」

#184 8/14OA♪「デラウエアのゼリー」

#183 8/7OA♪「カプリスのステーキ バルサミコ酢ソース」

#182 7/31OA♪「ゴーヤのひき肉詰め」

#181 7/24OA♪「スイカのジュース」

#180 7/17OA♪「おきたま風ガスパッチョ」

#179 7/10OA♪「米ナスのグラタン」

#178 7/3OA♪「パプリカのサンドイッチ」

#177 6/19OA♪「フレッシュハーブティー」

#176 6/12OA♪「ズッキーニのステーキ」

#175 6/5OA♪「ミズナのねばねば冷製パスタ」

#174 5/29OA♪「冷製アスパラガス」

#173 5/22OA♪「レタスのスープ」

#172 5/15OA♪「ウコギのリゾット」

#171 5/8OA♪「春キャベツたっぷりチャーハン」

#170 4/24OA♪「タケノコご飯」

#169 4/17OA♪「こごみと山の仲間のパスタ」

#168 4/10OA♪「アスパラソースのグラタン」

#167 4/3OA♪「タラの芽のオーブン焼き」

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.