野菜ソムリエのベジタブル&フルーツガーデン ハラクッチーナ

火曜日 9:10

(Morningクローバー+内)

 

樋渡由美 

 
米沢市在住の野菜ソムリエ樋渡由美が季節の野菜や果物を使って美味しいレシピと栄養素をお伝えします。
里芋のパスタ (10月17日OA♪)

今回は「里芋」。

原産は東南アジアで、日本には縄文時代に稲作よりも早く伝わったとされています。

山に自生している「山芋」に対して里で栽培されるから「里芋」。

親芋に子芋が付き、子芋に孫芋が付くことから子孫繁栄の象徴として、正月料理や行事食に使われる食材の1つです。

ぬめりの成分はムチンで肝臓を丈夫にする働きがあり、ムチンのぬめりと食物繊維が合わさると便秘の改善にも役立つということです。

 

◇保存方法

泥付きで皮に適度に湿り気があり、丸く太ったもの、持った時にずっしり重く指で押しても硬いものが新鮮です。

保存する時は、湿らせた新聞紙で包むか紙袋などに入れて風通しのよい室内に。

低温・乾燥に弱いので冷蔵庫には入れないでください。

 

 

里芋のパスタ

【材料 2人分】

 ペンネ 100g

 塩 大さじ1(茹で汁用)

 里芋 小6個

 ネギ 白い部分15㎝ と 青い部分1本分

 パンツェッタ  20g(生ハムや普通のベーコンでも)

 にんにくのみじん切り 大さじ1

 唐辛子の小口切り 適量

 オリーブオイル 大さじ1

 

【作り方】

①里芋は洗って皮ごと電子レンジで8分加熱します。(そのままだと破裂する事がある為、上の部分を切り落とす。尚、茹でてもOKです。)

②柔らかくなった里芋は皮をむき、ねぎはみじん切り、ネギの青い部分は細い斜め切りにする。パンツェッタは適当な大きさに刻みます。

③1ℓの湯に大さじ1の塩を加えて、ペンネを茹ではじめます。

④フライパンにオリーブオイル大さじ1とニンニクのみじん切り半分、赤唐辛子を入れて強めの中火にかけ、香りが出たらネギの青い部分とパンツェッタを加え炒めます。

⑤フライパンに里芋、ペンネのゆで汁100cc、ニンニクみじん切りの残り、ネギの白い部分のみじん切りを加え、とろみが出るまで煮ます。

⑥ペンネを加え軽く混ぜ合わせて出来上がりです!

 

↓過去のレシピはこちら↓

◆もって菊のポテトサラダ

◇栗の渋皮煮

◆アケビと牛肉と舞茸のみそ炒め

◇大根葉としらすのチャーハン

◆サツマイモとレンコンのきんぴら

◇カボチャのグラタン

◆ピーマンのナムル

◇ゴーヤチャンプル風

◆デラウェアのスムージー

◇ドライマンゴーのヨーグルト

◆スイカのババロア

◇ひょうのからし醤油和え

◆ナスと夏野菜の三五八漬け

◇トマトとバジルのパスタ

◆さくらんぼの軸のお茶

◇豚しゃぶのさくらんぼマリネ

◆ズッキーニのステーキ

◇ミズナと山芋のイタリアン風 和え物

◆ミントとソラマメのフィットチーネ

◇おかじひきのペンネ 夏の菜園風

◆ワラビのネバネバ冷製パスタ

◇キュウリのビン入り和風サラダ

◆新たまねぎのレンジ蒸し

◇こしあぶらご飯

◆絹さやのイタリアンオムレツ

◇セミドライトマト

◆山にんじんの切り和え

◇茎立ちのリゾット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.