野菜ソムリエのベジタブル&フルーツガーデン ハラクッチーナ

(隔週)火曜日 11:13
(再)水曜日 20:30
木曜日 13:00
金曜日 9:30
日曜日 9:10

樋渡由美   鈴木朗子

 2016写真(あきこ)リサイズ
米沢市在住の野菜ソムリエ樋渡由美が季節の野菜や果物を使って美味しいレシピと栄養素をお伝えします。また生活力のアップを目指して女子力、男子力をキーワードにお届けします♪
イチゴソースのパンナコッタ(3月21日OA♪)

真っ赤なイチゴがスーパーのフルーツコーナーに多く並ぶようになるこの季節。お値段も少しずつ買い求めやすくなってきました。そんなイチゴを使ってシンプルなデザートを作ってみましょう♪

 

 

【材料 4人分】

◎イチゴソース

 イチゴ    16粒(30g)

 砂糖     大さじ3

 生クリーム  30cc

◎パンナコッタ

 牛乳     500cc

 粉ゼラチン  8g

 水      60cc

 

【作り方】 

①イチゴソースを作る

 ボウルにイチゴソースの材料全てを入れ、ゴムベラでイチゴを切るようにして果汁を出しながら、砂糖や生クリームと混ぜ合わせていく

 このときイチゴは5mm角くらいの細かさがベスト

②パンナコッタを作る

 ・大きめのボウルに分量の水をはり、粉ゼラチンを振り入れ5分程ふやかしておく

 ・牛乳を焦がさないよう鍋で温め、沸騰直前に火を止める

 ・温めた牛乳をゼラチンの入ったボウルに加えゼラチンを溶かす

 ・牛乳の入ったボウルを水を張ったボウルにつけながら牛乳をゆっくりと冷ます

 ・牛乳が完全に冷めたら冷蔵庫で冷やし固める

③盛り付け

 デザート皿にスプーンで少し崩しながらパンナコッタを盛り付け、イチゴソースをかけて完成♪

 

 

【放送後記】

実はこのイチゴのソースの作り方は昨年の今頃、イチゴのシフォンケーキにかけるソースとして紹介されていますが、あまりに簡単でそれでいて“それっぽく”使えるレシピとして再度スポットを当ててみたレシピです。

今回のポイントとしては、主役のデザートそのもの(今回でいうパンナコッタ)には砂糖を入れていないことです。ソースに加えた甘さで十分においしいデザートとして楽しめます。手作りだからこそ好みの味や甘さをコントロールできるので是非皆さんも試してみて♪

イチゴに含まれた栄養分は、なんとイチゴ5~6粒で1日のビタミンCが摂れてしまう優れもの。美肌効果にも期待できる上、風邪予防にもなります。

ヘタを取ってしまうとそこから次々とビタミンが流れ出てしまうので、食卓に並べる時はヘタのまま流水で洗い、そしてヘタのままお皿に盛り付けて食べる直前まで栄養素を逃さないように注意しましょう♪

 

前回のレシピはコチラ

 

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.