番組について

放送番組の編集の基準

1.株式会社ニュ-メディアは、生活圏の放送として、地域の文化の向上、公共の福祉、地域の産業と経済の  繁栄に役立ち、平和で、豊かな地域社会の実現に寄与するため、民主主義の精神に従い、基本的人権と世  論を尊び、言論及び表現の自由を守り、法と秩序を尊重して地域社会の信頼にこたえる放送を行う。

2.放送に当たっては、次の点を重視し、番組相互の調和と放送時間に留意するとともに、即時性・普遍性・  多様性などコミュニティエフエムの持つ特性を発揮し、内容の充実に努める。

   (1)的確な地域情報の提供

   (2)正確で迅速な報道

   (3)健全な娯楽

   (4)教育・教養の進展

   (5)児童及び青少年に与える影響

   (6)節度を守り、真実を伝える広告

3.次の基準は放送の番組及び広告などすべての放送に適用する。

   (1)人権・人格・名誉

      ア.人命を軽視するような取扱いはしない。

      イ.個人や団体の名誉を傷つけたり、信用を損うような放送はしない。

      ウ.職業を差別的に取扱うことはしない。

   (2)人権・民族・国際関係

      ア.人種的、民族的偏見を持たせるような放送はしない。

      イ.国際親善を妨げるような放送はしない。

   (3)宗教

     宗教に関する放送は、信仰の自由を尊重し公正に取り扱う。

   (4)政治・経済

      ア.政治上の諸問題は、公正に取り扱う。

      イ.経済上の諸問題で、一般に重大な影響を与えるおそれのあるものについては特に慎重を期する。

      ウ.意見が対立している公共の問題については、できるだけ多くの視点から論点を明らかにし公正に        取り扱う。

      エ.現在、裁判にかかっている事件については、正しい法的措置を妨げるような取り扱いはしない。

   (5)家族と社会

      ア.家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。

      イ.公安及び公益を乱すような放送はしない。

      ウ.暴力行為は、どのような場合でも是認しない。

   (6)犯罪

      ア.犯罪については、法律を尊重し、犯人を魅力的に表現したり、犯罪行為を是認するような取り扱        いはしない。

      イ.犯罪の手段や経過などについては、必要以上に詳細な描写をしない。

   (7)性表現

      ア.性に関する事柄は、視聴者に困惑・嫌悪の感じを抱かせないように注意する。

      イ.性衛生や性病に関することがらは、医療・衛生上必要な場合のほかは取り扱わない。

      ウ.肉体・寝室描写など官能的な素材を取り扱うときは刺激的な表現を避ける。

   (8)表現

      ア.わかりやすい表現を用い、正しい言葉の普及に努める。

      イ.下品な言葉使いはできるだけ避け、又、卑わいな言葉や動作による表現はしない。

      ウ.人心に恐怖や不快の念を起こさせるような表現はしない。

      エ.放送の内容や表現については、受信者の生活時間との関係を十分に考慮する。

   (9)広告

      ア.広告は放送時刻を考慮し不快な感じを与えないように注意する。

      イ.広告はわかりやすく適正な表現を用い、視聴者に錯誤を起こさせるような表現をしない。

放送番組の編集に関する基本計画

1.基本計画

株式会社ニュ-メディアは、すべて住民の基盤に立つ放送として、何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守って、放送による言論の自由と表現の自由を確保し、豊かで価値ある情報を提供することによって、公共の福祉の増進と文化の向上を図り、地域の産業と経済の繁栄に貢献する。

2.放送時間

   (1)定期的な番組の編成は、日曜日から土曜日まで1日24時間の放送とする。

   (2)臨時の番組については、その都度必要に応じて適宜編成する。

3.番組の種類と基準

放送番組は、地域住民のために必要な広報・地域ニュ-ス等の報道番組、教育・教養・文化・スポ-ツ等の教育・教養番組、映画・演劇・レジャ-等の娯楽番組、およびその他のショッピング・経済・健康・医療番組などで編成し、番組の種類別 配列比は次にあげるものを基準とする。

   (1)報道番組全放送時間の10%

   (2)教育番組    〃10%

   (3)教養番組    〃15%

   (4)娯楽番組    〃55%

   (5)その他の番組  〃10%

4.番組の配列

番組の編成にあたっては、報道、教育、娯楽などのすべての番組をそれぞれ性格に応じて地域社会の聴取者及び生活時間を考慮し、各番組相互時間の調和と適正を保つように努める。

   (報道番組)

   報道は、真実を公正かつ迅速に伝達し、行政への関心を満足させるよう努める。

   報道番組は、一般にわかりやすい表現を用い、事実と事実以外の推定は明確に区別し、聴取者に誤解を与え   ることのないよう努める。

   (教育番組)

   教育番組は、社会人として役立つ知識等の資質を培うのに直接役立たせようとする積極的な意図のもとに編   成する。

   (教養番組)

   教養番組は、学芸など一般精神文化に対する理解を深め、人間の諸能力を調和的に発達させ、円満な人     格を培養するのに役立たせようとする積極的な意図のもとに編成する。

   (娯楽番組)

   娯楽番組は、健全な慰安を提供して、生活内容を豊かにするものとする。

ロゴ

〒992-0044
山形県米沢市春日四丁目2-75
TEL 0238-24-2525
FAX 0238-33-9000
Copyright NCV New Media|エフエムNCVおきたまGO! All Rights Reserved.